北海道HOMEは次世代を見据えた
住まいをデザインします

収益スペース「スマートコネクト」で居住費0円プランをご提案

収益スペース
「スマートコネクト」とは

新築の自宅スペースの一角に設けた3畳ほどのレンタルスペース、それが「スマートコネクト」です。設計時に敷地形状やご予算に応じてスマートコネクトを複数室プランニング。完成後に利用者にレンタルし賃貸収入を得ることで居住費0円の生活を目指します。

【居住費0円のケーススタディ】
掲載プラン(47坪)を建てた場合、建築費は2,500万円。全額住宅ローンで借り入れた場合、返済額は月約6.6万円です(金利0.6%、元利均等35年返済)。スマートコネクト1室の賃料月3万円と想定した場合、収入額は3万円×5室で月15万円。月々返済額と相殺され、居住費は0円になります。

「スマートコネクト」プランニング例(47坪)

スマートコネクトには
社会的ニーズがあります

テレワークの普及やトランクルームの需要拡大などに伴い、現在都市部において「ミニオフィス&収納」が不足しており、レンタルスペースの供給が急務となっています。そのような社会的ニーズとつながる(コネクト)空間「スマートコネクト」の需要は、今後急拡大が予想されます。

スマートコネクトの利用方法は実に多彩です

仕事・副業
空間ファクトリー
ジム・運動
ホビーラボ

限られた敷地を最大限に生かす、高床プランのご提案

基礎の高さを通常の2.5倍にすることにより床下が1mの高さになり、大空間を生み出すことができます。高床は都市の限られた敷地の有効利用にとても適したプランです。また、高床の住まいは外部からの目線の位置に高低差ができるので、プライバシーの確保や防犯効果も期待できます。

※高床プランの場合、北海道HOMEの仕様と一部異なる場合があります。

ストックルームとして

アウトドア用品の保管
趣味やコレクションの保管

レンタルスペースとして

段ボール単位の保管サービス
タイヤ保管レンタルスペース

家族の非日常スペースとして

ホームシアター
ホビールーム
フィットネスルーム
読書ルーム
秘密の隠れ家
子どもとの遊び場

植物の栽培場所
オーディオルーム

北海道HOMEはインテリアにもこだわったデザイナーズ住宅です

北海道HOMEのプランニングは専任のデザイナー(一級建築士)が担当。ご要望をヒヤリングしお客さまの個性を活かしたオリジナルプランをご提案します。インテリアについても、国内トップブランドのアイテムをはじめ、選び抜かれた海外輸入商品まで幅広く選択可能。グッドデザイン賞を受賞したインテリアも数多く取り揃え、お客さまのこだわりに応えます。

さらに一歩未来へ。北海道HOMEは進化し続けます

3世帯マンションにも
北海道HOME

北海道HOMEは一戸建てだけではなく、3階建てマンションの建築にも対応可能です。掲載の完成予想図は3世帯マンションのプラン例。2・3階はメゾネットタイプの居住スペースになっており、1階部分には19室の収益スペース「スマートコネクト」がプランニングされています。これによりマンションでも居住費0円を目指すことが可能となります。

夢のZEROインフラ住宅も
現在研究中

北海道HOMEの構造躯体をベースに現在研究中なのが、電気・ガス・水道・下水などの社会インフラが完全不要になる「ZEROインフラ住宅」です。「太陽光での発電・蓄電・EVカー連動で電気エネルギーを自給自足」「大気中の水分から飲料水を抽出する技術と使用済の水リサイクル装置で生活用水を自給自足」「合併処理浄化槽の排水をもう一度浄化することで飲料水基準をクリアする技術により排水ゼロを実現」などなど。頑丈で耐久性の高い建物だからこそ、未来住宅へのアイデアは膨らみます。